ツアーガイド実践トレーニングコース

 

受講生の声(2019春コース修了後)抜粋

 

受講生1

浅草は何度も来た事があったのに、まず、初回のフィールドワークで、”浅草にはこんなにも色々な通りと、それぞれ違う顔があったのか!”と思い知らされました。

 

2回目からの座学の前にはホームワークがメールで届き、毎回、12から20のキーワードについて次の授業で1分から2分、英語で説明できるように予習が必要でした。

たとえば、”卍”や”和紙というキーワード。

浅草に限らず、ガイドとして海外からのゲストが気になる事を、ちゃんと自分の言葉で説明できるか?これらが結果として自分の知識の蓄積となりました。

座学当日はクラスメートの発表を聞き、自分では思い至っていたかった説明に”ほう!そうかこんな説明もできるか!”と他者から学べ!の日々でした。

 

私は午後のクラスでしたが、何回か都合で午前のクラスを代替え受講させてもらい、午前クラスの受講生の方々とも知り合え、多くの受講生と知り合えたのはラッキーでした。

 

8回目と12回目はフィールドワークです。

実践さながら、浅草の決められたエリア30分間、クラスメートをゲストに英語でガイディングを体験します。

自分の担当ではないエリアは、ゲストとしてクラスメートのガイディングを受け、ここでも、”おお、こんな切り口があったか!すごい、こんな資料を使ってる!”と刺激を受けました。

これは認定試験当日のガイディングに大いに役立ちました。

 

受講中は、クラス前に浅草を歩きまわって、観光客の行列している店をチェックしたり、ランチをしたり、買い食いをしたりしました。

受講前に比べ、浅草という町がずっと身近に感じられ、浅草がもっともっと好きになり、知識の蓄積もでき、仲間が出来ました。

​受講生2

今まで浅草の表面だけしか見ていなかったのがわかりました。
その時代のニ-ズに合わせて街ができ・移り変わり・消えそして再生、浅草はその流れを潔く受け止め
残したいものは脈々と受け継がれています。
街の至る所から、”江戸っ子だい”という声が聞こえてくるようです。
Lesson を通じて入りいろなことを学びました。
〈 話し方 〉 自分の話の癖・話の展開の仕方・音量・強弱のイロハ
〈 表現 〉  せっかく母国語の先生を迎え、それを生かしきれなかった感があります。
        毎週のLesson準備に追われ、又こちら側の語彙のの少なさから、違った表現の仕方・
他の言い回し方などには至りませんでした。でもプレゼンをこなすうちに、人の前に立つことにある程度は慣れました。
〈 接待術 〉笑顔・eye-contact・body language 等々
 【 他の人のやり方を見て、学ぶことが多々ありました。】
 お陰様で、浅草の深さ・面白さが少しわかったように思います。単なる観光地としての浅草ではなく、脈々と時の流れに沿う浅草を!

受講生3

毎回の授業への予習は結構大変でしたが、勉強することは楽しく、他の受講生とも和気藹々と楽しく受講できました。
ドミニク先生は熱心に教えてくださり、Taka さんもさりげなく細やかにサポートしてくださり、アットホームな雰囲気の中で気持ちよく勉強ができました。
独学ではとてもここまでの知識は得られなかったでしょうし、ガイドとしての心構えやノウハウも菅野さんから懇切丁寧にご指導いただき、とてもありがたかったです。
浅草は奥が深く、まだまだ勉強しなければならないことがありますが、今回、実践トレーニングクラスで学んだことをもとにさらに研鑽を積みたいと思います。
受講して本当に良かったと思っています。いろいろとお世話になり、誠にありがとうございました。

受講生4

今回のトレーニングを受講し主に以下の2点を感じました。
1.浅草について新たに多くの事柄を知り深掘りガイディングの基礎が固められました。
2.ガイドのプレゼンテーションの指導をネイティブ講師から受けたのは初めてで大変参考になりました。

1.については、ゲストの方に日本の長い歴史とそれによって育まれた独特の文化について理解を深めてもらい、浅草ツアーをより一層楽しんでもらう事が目標です。その目標に近付けたと思います。
2.についてはドミニク先生からの「ロジカルに説明して下さい。」との言葉が印象に残りました。
詳しく説明する事よりも、分かりやすく説明する事が重要だと理解しました。
具体的な方法は時系列の説明ですとかガイド対象の順序通りの説明で内容につながりを持たせるという事ですが、大変参考になりました。この様にネイティブの方からガイドの指導を受けたのは初めてでしたが、異文化コミュニケーションについて様々な事を学べました。

今回の実践トレーニングコースで浅草の奥深さと面白さをより一層理解できました。今一度復習し、これからのガイディングに
役立てたいと思います。
素晴らしい研修をありがとうございました。

受講生5

長いようで短かった日曜日午前のクラスですが、4年前に通訳案内士となった私にとってとても有意義なものでした。
浅草の歴史を学べば学ぶほど面白くなり、ツアーガイドを行なう自信のようなものが芽生えてきました。
フルタイムのサラリーマンですので、実際のガイド業務には制約がありますが、多くのツーリストの方にに下町の良さを伝えたいと思いを新たにしました。

 

受講生6

【良かった点】
・授業が英語で行われたこと
・講師の方々がフレンドリー
・浅草についてのテキスト(日本語・英語)をいただけるので、自分では気がつかない、または知らない浅草について多くのことが学べる
・毎回課題の課題は大変だが、授業の最初に行う課題のプレゼンテーションがあるので、一生懸命勉強し、暗記するため、結果的に多くのことを覚えること
・みんなの前で行うプレゼンは度胸がつくと同時に自分の欠点もわかること
・授業で多くの画像を見て確認すること
・知識だけでなく、ガイドとしての立ち居振る舞いや心得、お客様との接し方を学べること
・フィールドワークは場慣れするのでとてもいいと思います

【改善した方がいいと思われる点】
・メールでお送りくださる課題は、できれば授業の最後に配布してもらえると十分に準備ができると思いました。普段はフルタイムで仕事をしているため、週の半ば以降に送られてくると、準備が不十分なまま出席せざるを得ないこともありました。
・授業後半のプレゼンは、できる人数が限られてしまうため、プレゼンの内容を工夫して、なるべく多くの人ができる方がいいと思います。

全体的にとても多くのことを楽しく学べました。浅草という限られた範囲ですが、長い歴史と文化など多く
のことが詰まっている町であることを改めて認識することができ、とても良かったと思います。またガイド
がどうあるべきかという気付きも得られました。長いようであっという間の3ヶ月でしたが、受講させてい
ただきとても良かったです。また何か機会がありましたらよろしくお願いいたします。
 

個人情報の保護 | 免責事項 |      © 2019 (株)下町ップロ/Shitamachitpro Co., Ltd. All rights reserved.