下町ップロ ツアーガイド 実践トレーニングコース

特徴
1.実際のツアーコースをもとに授業が進められる。
2.実際のツアーコースをもとにその背景知識を深く掘り下げて学べる。
3.実際のツアーコース上で実施されるフィールドワーク
4.ネイティブ英語講師による英語オンリーの少人数クラス
5.訪日外国人観光客の目線に立ったガイディング指導
6.ガイドとゲストのロールプレーイングによる実践トレーニング
7.ビデオ撮りと写真撮影による客観的な反省と復習
8.目配り、気配り、心配りで感動につながるガイディングのための接遇指導

 

A. 実践トレーニング基礎 2020年 春コース  

2020年の東京オリンピックに向けて年間4,000万人の訪日観光客が期待されています。

そして浅草には全訪日観光客の約4分の1強が訪れています。一体浅草の何が世界の人々を惹きつけるのでしょうか。

下町ップロの実践トレーニング基礎コースではそんな浅草の魅力を掘り下げ、英語で表現できるようにトレーニングします。

​まずは1400年の歴史を持つ浅草寺と三社祭と浅草神社との関係、日本の仏教と神道の関係、明治維新後の浅草六区地区の繁栄と衰退、復活についても学びます。

 

1)コースについて:

① 3回のフィールドワークと9回のクラス授業の全12回(25時間)のコースです。

② ネイティブ英語講師による毎回2時間英語オンリーのクラスです。

③ コース前半と後半にビデオ撮りを行います。(自分自身の姿を客観的な目で見て反省するため)

④ 4~8名の少人数のクラスです。

2)フィールドワークについて:

このトレーニングコースには3回の浅草でのフィールドワークが含まれます。

① 1回目(この回のみ3時間となります):

最初の授業は日本人講師による日本語でのツアーコース全体の案内です。まずはこれから授業でカバーするコースを実際に歩いてみてみましょう。

② 2回目​(2時間): 

8回目の授業は浅草寺と浅草神社を中心とした仏教や神道を含む浅草の歴史中心のツアーコースのフィールドワークとなります。クラスメイト同士が英語でガイドとゲストのロールプレーイングを行ってもらいます。

③ 3回目(2時間):

​12回目の授業は浅草寺周辺の下町文化を紹介するためのフィールドワークとなります。食べ物、お土産、エンターティンメント、明治維新後の歴史などから好きなテーマを選び自分なりのツアーを作成してもらい、2回目と同様、クラスメイトをゲストと見立てて英語でガイディングを行ってもらいます。

 

2回目3回目のフィールドワークでは、講師は、内容や英語のチェック以外に、通訳ガイドとしての心得、マナー、挨拶、時間管理、安全対策等、ゲスト全体への目配り、気配り等についてもフィードバックを行います。

3) 受講料等:

① 入会金:1万円  

② 受講料:10万円 *全25時間(2時間 x 12回)第一回目のフィールドワークのみ3時間となります。

​           *オリジナルテキストブック(英語・日本語)が含まれます。

2020年春コースの説明会等のご案内をご希望の方は下記へご登録ください。
実践トレーニング春コース(説明会等)のご案内希望

個人情報の保護 | 免責事項 |      © 2019 (株)下町ップロ/Shitamachitpro Co., Ltd. All rights reserved.