下町ップロ ツアーガイド 実践トレーニングコース

特徴
1.実際のツアーコースをもとに授業が進められる。
2.実際のツアーコースをもとにその背景知識を深く掘り下げて学べる。
3.実際のツアーコース上で実施されるフィールドワーク
4.ネイティブ英語講師による英語オンリーの少人数クラス
5.訪日外国人観光客の目線に立ったガイディング指導
6.ガイドとゲストのロールプレーイングによる実践トレーニング
7.ビデオ撮りと写真撮影による客観的な反省と復習
8.目配り、気配り、心配りで感動につながるガイディングのための接遇指導

 

A. 実践トレーニング基礎コース 

2020年の東京オリンピックに向けて年間4,000万人の訪日観光客が期待されています。

そして浅草には全訪日観光客の約4分の1強が訪れています。一体浅草の何が世界の人々を惹きつけるのでしょうか。

下町ップロの実践トレーニング基礎コースではそんな浅草の魅力を掘り下げ、英語で表現できるようにトレーニングします。

​まずは1400年の歴史を持つ浅草寺と三社祭と浅草神社との関係、日本の仏教と神道の関係、明治維新後の浅草六区地区の繁栄と衰退、復活についても学びます。

 

1)コースについて:

① 3回のフィールドワークと9回のクラス授業の全12回(25時間)のコースです。

② ネイティブ英語講師による毎回2時間英語オンリーのクラスです。

③ コース前半と後半にビデオ撮りを行います。(自分自身の姿を客観的な目で見て反省するため)

④ 4~8名の少人数のクラスです。

2)フィールドワークについて:

このトレーニングコースには3回の浅草でのフィールドワークが含まれます。

① 1回目(この回のみ3時間となります):

最初の授業は日本人講師による日本語でのツアーコース全体の案内です。まずはこれから授業でカバーするコースを実際に歩いてみてみましょう。

② 2回目​(2時間): 

8回目の授業は浅草寺と浅草神社を中心とした仏教や神道を含む浅草の歴史中心のツアーコースのフィールドワークとなります。クラスメイト同士が英語でガイドとゲストのロールプレーイングを行ってもらいます。

③ 3回目(2時間):

​12回目の授業は浅草寺周辺の下町文化を紹介するためのフィールドワークとなります。食べ物、お土産、エンターティンメント、明治維新後の歴史などから好きなテーマを選び自分なりのツアーを作成してもらい、2回目と同様、クラスメイトをゲストと見立てて英語でガイディングを行ってもらいます。

 

2回目3回目のフィールドワークでは、講師は、内容や英語のチェック以外に、通訳ガイドとしての心得、マナー、挨拶、時間管理、安全対策等、ゲスト全体への目配り、気配り等についてもフィードバックを行います。

3) 受講料等:

① 入会金:1万円 (新規の方)

② 受講料:10万円 *全25時間(2時間 x 12回)第一回目のフィールドワークのみ3時間となります。

​         *オリジナルテキストブック(英語・日本語)が含まれます。

 

B. 通訳ガイド実践トレーニング中級講座(半日コース対応): 

一般の訪日客、FIT、企業の出張者、VIPに対応した実践トレーニング中級講座(認定試験 中級対応)

食事込みの半日ツアーを想定。1時間コースの組み合わせで3時間までのツアーと、食事に同席する際の対策。

和菓子、和食、お土産、日本の伝統工芸の知識と深堀型ツアーや体験型ツアーの対策、その他、日本の現代文化紹介への応用力を付ける

 

*テーマごとに2時間x3クラス+4時間のフィールドワーク(計10時間)で1コース。

*3テーマをカバーして中級コース修了となります。(2時間のクラスが9回、4時間のフィールドワークが3回、計12回で30時間)

テーマ1:日本(浅草)の食べ物・和食・和菓子について

①和菓子・浅草のお菓子、甘味屋、有名喫茶店のケーキ、お土産に適したもの等

浅草にある実際の有名店、老舗のお菓子を実際に食しながら英語で説明します。

 *お菓子代としてお一人1000円いただき、数種類のお菓子を用意いたします。

(舟和の芋羊羹、あづまのきびだんご、木村屋の人形焼き、豆舗の豆菓子、花月のメロンパン、雷おこし、せんべい、アンジェラス等々)

 

②和食・浅草の有名店のランチ:丼もの、ラーメン、そば・うどん、寿司、もんじゃ・お好み焼き、その他:

写真を見せながら紹介、説明します。

(大黒屋や葵丸進などの天丼、手打ちうどんの叶や、六文銭のもんじゃ、等々)

 

③和食・浅草の有名店等の夕食:写真を見ながら紹介、和食の紹介、正月料理、懐石料理、その他を説明をします。

(今半のすき焼き、駒形どぜう、麦とろ、吉幸、鰻やっこ、居酒屋、ポッピー通り、神谷バー、その他)

 

④フィールドワーク(基本的に土・日の午前9時から13時)

浅草の3コースを3時間で案内し、目標の飲食店で食事をしながら内容の説明をします。

食事代の実費+講師の食事代(参加人数で割っていただきます)

 

テーマ2:浅草周辺の深堀型ツアーに対応

写真や実物を見ながら紹介

①江戸下町伝統工芸館とその伝統工芸について

(羽子板市の羽子板、ひな祭りの木目込み人形、三社祭の神輿、酉の市の熊手、等々)

 

②浅草の祭り等について

(初詣、金龍の舞、三社祭り、花火大会、ほうずき市、サンバカーニバル、酉の市、羽子板市、その他)

 

③浅草のお土産にお勧めの工芸品

(印伝、扇子、手ぬぐい、着物、草履、かんざし、はし、その他)

 

④フィールドワーク 

工芸品の店を数店まわり、工房見学を含み、江戸下町伝統工芸館までの食事付き半日ツアー

 

テーマ3:浅草周辺の体験型ツアーに対応

写真やビデオを見ながら紹介

①人力車、着物レンタル、花やしき、忍者サムライバス、和太鼓、等々

 

②食品サンプル、刃物とぎ、印伝、木版画、太鼓、江戸切子工房で体験等々

 

③日本料理つくり、温泉・銭湯(温泉とは? 銭湯とは? 温泉パークとは? 入り方は? 入れ墨は? 等々)

浅草(蛇骨湯、鶴の湯、ROXまつり湯)での体験、浅草エキミセから行ける日光、会津などの紹介など)

 

④フィールドワーク

実際の体験型半日ツアーを想定したフィールドワーク

参加料金実費+講師の参加料(参加人数で割っていただきます)

 

*中級講座は原則的に通訳ガイド実践トレーニング基本講座を修了、または下町ップロの認定試験「基礎」に合格した方が対象です。

​但し、これまで通訳ガイドの経験があり、江戸東京の下町地域における深堀型、体験型、食事を含む半日以上のツアーにご興味のある方でしたらどなたでもお申込み可能です。 中級講座料金:各テーマ毎にお支払い可能

*5月1日までにお申込みの場合入会金免除!

新規の方で中級講座を受講したい方は入会金1万円をお支払いただきます。ただし、5月1日までにお申し込みの場合は入会金を免除いたします。

*1テーマ(10時間)ごと:47,500円

​*2テーマ(20時間):95,000円

*3テーマ(30時間):135,000円

​*入会金:10,000円

*1テーマ(10時間)ごと:  50,000円 

*3テーマ(30時間):150,000円 

*5月1日までにお申込みの場合上記金額!

*1テーマ(10時間)ごと:  50,000円 

*3テーマ(30時間):150,000円 

C.逐次通訳トレーニングコース:

 カスタムメードツアー、企業の大切な外国からのお客様のアテンド、VIP、MICE、日本文化紹介イベントの逐次通訳

逐次通訳のコツを実際に開催されたイベントの動画をテキストにトレーニングする。

通訳教育のベテラン講師による日本文化紹介イベント逐次通訳トレーニング。

 

逐次通訳講座料金:

*1回2時間x2回完結(4時間):3万円 *会員価格 28,500円

 

個人情報の保護 | 免責事項 |      © 2019 (株)下町ップロ/Shitamachitpro Co., Ltd. All rights reserved.